『ファスティング』は内臓を休ませる為の方法でもある!

『ファスティング』は内臓を休ませる為の方法でもある!

『ファスティング』で内臓を休ませてみませんか?



油物、日々の付き合い酒、お菓子、ジュースなどで、現代人の胃(内蔵)は食べ過ぎて疲れています。

そんな大事な胃を少しでも休ませてあげようというのがファスティングが挙げられます!!

『ファスティング』断食とは?

ファスティングとは『断食』のことをいいます。

毎日休むことなく、内蔵は活動しています。



色んな物を食べている私たちの内臓は、疲れています。

あまり、自覚症状がないのですが、何かあっては遅いですよね。

今では、女性のあいだでファスティングは、気軽にできるダイエット法のひとつです。


疲れた胃を少し休ませて、老廃物を外に出す時間を作ってあげること。

それがファスティングをすることで、エネルギーを外部から入れることがないので、体内からエネルギーを強制につくることで脂肪を燃焼させることまでできます。

胃は疲れているから『ファスティング』がよい

知らず知らずのうちに、食べ過ぎて働きの悪くなった胃腸を1日休ませ、本来の力を取り戻すのが目的でもある『ファスティング』。



腸内で消化が追いつかず、食べたものがどんどん腐敗している状態です。

肉類などを食べると食べ物が消化器官全体を通り抜けるのに約30時間以上かかるといわれています。

体の中の悪い物を出す作業が行われます。悪い物とは、毒素、老廃物、老朽細胞、病細胞などです。

老廃物は、肉食の多い人ほど多くたまります。

『ファスティング』で3日間計画で内蔵を休ます効果あり

金曜日にする『ファスティング』




● 夕飯は軽く済ませて、飲酒は避けましょう。

● 寝る3時間以上前に食事は済ませておきましょう。

● 脂っこいもの、糖分が多いもの、お酒、コーヒー、タバコは避けましょう。



土曜日にする『ファスティング』




● 1日何も食べず、ドリンクだけで過ごしましょう。

● 運動や長時間の外出は身体に負担がかかるので避け、ぬるいお風呂(38度以下)にゆっくり浸かったり、ストレッチをしたりしてのんびり過ごしましょう。

● 断食中はできるだけ自然の中をゆっくりと散歩でもしてみるとストレスが沸かないですよ。

近くの公園や電車に乗って海や山でのんびり出来たら理想的です。

● 朝、昼は活動をしていて気を紛らすことができますが、夜は『食べたい!』と思いがちなので、ビデオを見たり、本を読んで時間を紛らわしましょう。

どうしても空腹が我慢できない時は、果物か100%の野菜ジュースを飲む。



日曜日にする『ファスティング』




消化力が低下しているので、消化に良いもの(回復食といいます)を少しずつ摂ります。

お粥が最も一般的かつ、効果的です。

昼食、夕食も野菜中心で、普段の食事の量より半分ほどに減らします。

夜はいつもより少な目程度にしておきます。

昼食も夕食も普段のメニューに戻しても構いませんが、できるだけ油分が少なく消化の良いものを選んで下さい


焼肉やとんかつといったガッツリ系は翌日まで控えましょう


『ファスティング』の注意!!

急に食事を断つと、消化液が胃を傷つける・断食後に急に食事の量を増やすと、胃腸の負荷が大きくなり、消化しきれないことが起こるので気をつけましょう。


『ファスティング』中に、みんなが飲んでいる大人気の飲み物は?


▲大人気の飲み物です▲